お問い合わせ
HOME
 
MEMBER
 サイトサンプル
ガイダンス   ポイント  
マイページ
ID/パスワードの再発行・変更
ポイントの確認/会員情報変更
 
 

 
山本雅俊
レポート/サイト監修 
JGB・短期金利・システム売買・オプション・株式・商品相場など多岐にわたる業務に携わった経験をもとに、独自に開発したトレード手法を商品化している

 
レポート 一覧へ
 
DVD/BOOK 一覧へ
 
サンプル 一覧へ
テクニカル分析を極める短期集中講座
書籍では解説していない主要テクニカル分析の重要ポイン
DVD テキスト 講師 価格
(税込み)
全巻共通テキスト(コピー製本 2冊)
「概説 外国為替のテクニカル分析」
テキスト(250頁) 林 康史 4,800円

テクニカル分析は社会的にも認知され、相場に携わる者にとって不可欠なツールであるとの見方は根づいたといって良いでしょう。しかしながら、テクニカル分析を体系的に学ぶ機会は多いとは言えませんし、体系的に見えても講師のレベルにもばらつきがあるなど、意外に納得のいく講座が少ないのが現実です。今回、講師は林康史氏ひとりが全講義を担当するという画期的な連続講座です。テキストには、幻の名著との世評のある林康史氏の『概説 外国為替のテクニカル分析』(「国際金融」(外国為替貿易研究会)823号(1989年4月15日)〜877号(1991年12月15日)連載)を使います。


コピー製本 ビデオテキスト (2冊 約250ページ 4,800円)


(『国際金融』(外国為替貿易研究会)

823号(1989年4月15日)〜877号(1991年12月15日)連載)

1 外国為替の定義
2 外国為替の変動要因
@ ファンダメンタルズの概念
A 為替心理説
3 テクニカル分析の位置づけ
@ ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析
A テクニカル分析の意義
B テクニカル分析の限界
4 テクニカル分析の歴史
5 テクニカル分析の現状
6 テクニカル分析の分類
7 テクニカル分析の基本事項
@ データ(価格と出来高)
A 支持線と抵抗線
B ギャップ
C フィルター・ルール
8 バー・チャートとローソク足
@ ほし足、とめ足
A 棒足、バー・チャート、錨足、ローソク足
B ローソク足のつけ方、見方
C フォーメーション(リバーサル・パターン)
D フォーメーション(コンティニュエイション・パターン)
E 酒田五法のパターン認識の際の留意点(上昇か下落か)
ダウ理論
10 エリオット波動論
@ フィボナッチ数
A エリオット波動論
B ケース・スタディ(エリオット波動の応用)
C 外国為替相場におけるエリオット波動論の留意点
D 補填
E 三段高下の法則
11 移動平均線
@ 移動平均の基本原理と見方
A 各種移動平均
B 各種移動平均の比較検討
C 移動平均のシステム
D ワイダー・バンド
E エンベロープ
F アクション(モメンタム)
12 スムージング・モメンタム
13 オシレーター
14 MACD
15 一目均衡表
16 パラボリック
17 ポイント・アンド・フィギュア
@ P&Fの基本
A プライス・オブジェクティブ
B P&Fの値幅の設定、その他
18 かぎ足
19 練行定
20 新値足
21 モメンタム
22 ROC
23 ストキャスティックス
24 ウィリアムズ %R
25 RSI
26 サイコロジカル・ライン
27 OB/OS
28 篠原レシオ
29 コポック指標
30 レシオ
31 スプレッド
32 ピボット
33 出来高について
@ 外国為替市場の出来高
A 出来高の意味と見方
B 出来高チャートの分類
C 出来高観測の観点からみた外国為替市場の特徴
D 出来高グラフ
34 出来高移動平均
35 OBV
36 ボリューム・レシオ
37 アームズ・ボックス・チャート
38 PVS
39 逆ウォッチ曲線
40 マーケット・プロファイル
41 時間
@ 時間について
A 時間と相場
B 時間と外国為替相場のテクニカル分析
42 タイム・サイクル
@ 年間の高値・安値
A タイム・サイクル
B フーリエ解析
43 サイクル論の応用
@ 移動平均とサイクル論
A RSIとサイクル論
B 最適化について
44 ギャン・スクエアとギャン理論
45 ペンタゴン・チャート
46 テクニカル分析と数理学
47 経験と諺
@ グランビルの短期テクニカル法則
A 相場格言
48 コントラリー・オピニオン
49 占いと暦
50 予測手法の分類
@ 予測の手法
A 相場観と直観
51 ディレクショナル・ムーブメント・インデックス
52 イーラーズ・リーディング・インディケーター
53 スウィング・インデックス
54 ボックス=ジェンキンス法
55 デトレンド
56 テクニカル分析の日米比較について
57 ファジー理論とテクニカル分析
58 相場とエントロピー
59 相場の数学的処理の限界
60 テクニカル分析における外国為替相場の特徴
@ 売買対象によるテクニカル分析の差異
A テクニカル分析における外国為替相場の特徴
61 ローソク足と酒田五法
@ 酒田五法と本間宗久
A 二本線の組み合わせ
B 酒田五法の具体例
C 狭義の酒田五法
D その他のローソク足の解釈について
E まとめ
62 羽黒法
63 スピード・サポート(レジスタンス)・ライン
64 ボラティリティとエンベロープ(STARCとボリンジャー・バンド)
65 ディマンド・サプライ・カーブ
66 チャネル
67 ボラティリティ・インデックスとボラティリティ・システム
@ ボラティリティ・インデックス
A ボラティリティ・システム
B ボラティリティ・エンベロープ
68 スウィング・チャーティング
69 ボリューム・プライス・トレンド
70 ADインディケーター
71 ウエイテッド・クローズ・チャネル
72 数の持つ意味
73 CCI
74 CSI
75 二段波動理論
76 テクニカル・アナリストのスタンス

特定商取引法 第8条の表示義務に基づく事項・プライバシーポリシー・個人情報の取り扱いについて 
<サイト運営> 株式会社マックスバリュー TEL 047-300-5561  FAX 047-300-5563  maxinfo@max-value.co.jp (お問い合わせ)