お問い合わせ
HOME
 
MEMBER
 サイトサンプル
ガイダンス   ポイント  
マイページ
ID/パスワードの再発行・変更
ポイントの確認/会員情報変更
 
 

 
山本雅俊
レポート/サイト監修 
JGB・短期金利・システム売買・オプション・株式・商品相場など多岐にわたる業務に携わった経験をもとに、独自に開発したトレード手法を商品化している

 
レポート 一覧へ
 
DVD/BOOK 一覧へ
 
サンプル 一覧へ
テクニカル分析を極める短期集中講座
書籍では解説していない主要テクニカル分析の重要ポイン
サンプル映像
DVD テキスト 時間 講師 価格
(税込み)
第1巻-2
トレンド系テクニカル分析・
非時系列テクニカル分析・出来高分析
なし 140分 林 康史 9,800円

テクニカル分析は社会的にも認知され、相場に携わる者にとって不可欠なツールであるとの見方は根づいたといって良いでしょう。しかしながら、テクニカル分析を体系的に学ぶ機会は多いとは言えませんし、体系的に見えても講師のレベルにもばらつきがあるなど、意外に納得のいく講座が少ないのが現実です。今回、講師は林康史氏ひとりが全講義を担当するという画期的な連続講座です。テキストには、幻の名著との世評のある林康史氏の『概説 外国為替のテクニカル分析』(「国際金融」(外国為替貿易研究会)823号(1989年4月15日)〜877号(1991年12月15日)連載)を使います。
講師 林 康史 (はやし やすし) 立正大学経済学部教授
第1巻-1 150分 「テクニカル分析の基礎・バーチャートとローソク足」
第1巻-2 140分 「トレンド系テクニカル分析・非時系列テクニカル分析・出来高分析
第2巻-1 160分 「オシレーター系テクニカル分析@」 
第2巻-2 100分 「オシレーター系テクニカル分析A」
第3巻-1 160分 「ギャン理論(相場認知・相場予測法・運用ルール)」
第3巻-2 120分 「一目均衡表・パラボリック・ボラティリティインデックス」
第4巻-1 130分 「簡単なテクニカル分析・ピボット・システムの最適化」
第4巻-2  90分 「システムの構築・ペンタゴン・建玉法・1.618テクニック」
 
【第1巻】-2 

トレンド系テクニカル分析
(1)ヘッド・アンド・ショルダーズ(2)三角保合い(3)ウェッジ
(4)ギャップの判断とトレード方法(5)フィルター・ルール

エリオット波動とダウ理論
(1)フィボナッチ数 (2)波動別トレードスタンス

移動平均
(1) 移動平均の解釈(2)ワイダーバンド(3)MACD

非時系列テクニカル分析
非時系列テクニカル分析の意義は、価格・時間・出来高のうち、その最大の関心事である価格に焦点を絞ってテクニカル分析を行うところにあります。このテクニカル分析もトレンド系に属し、トレンドラインを用いた分析も一般的に行われます。

ポイント・アンド・フィギュア
(1)コーエン方式/シュリッカー方式(2)目標値計算

三本抜き新値足

出来高分析
 (1)価格フォーメーションと出来高パターン
 (2)ボリューム・プロファイルとマーケットプロファイル
 (3)アームズ・ボックス・チャート

特定商取引法 第8条の表示義務に基づく事項・プライバシーポリシー・個人情報の取り扱いについて 
<サイト運営> 株式会社マックスバリュー TEL 047-300-5561  FAX 047-300-5563  maxinfo@max-value.co.jp (お問い合わせ)