お問い合わせ
HOME
 
MEMBER
 サイトサンプル
ガイダンス   ポイント  
マイページ
ID/パスワードの再発行・変更
ポイントの確認/会員情報変更
 
 

 
山本雅俊
レポート/サイト監修 
JGB・短期金利・システム売買・オプション・株式・商品相場など多岐にわたる業務に携わった経験をもとに、独自に開発したトレード手法を商品化している

 
レポート 一覧へ
 
DVD/BOOK 一覧へ
 
サンプル 一覧へ
ノーベル経済学賞から学ぶ
行動経済学の投資戦略
サンプル映像
DVD テキスト 時間 講師 価格
(税込み)
ノーベル経済学賞から学ぶ 
行動経済学の投資戦略
テキスト(40頁) 160分 三隅 隆司
林 康史
17,000円

人は不確実性下では合理的な判断をするとは限らない。すべての利用可能な情報は瞬時に価格に織り込まれる「効率的市場仮説」に対しては、行動ファイナンスの立場から反論が提示されている。ノーベル経済学賞を受賞したカーネマンの理論を読み解き、価格変動の理解・予測、投資戦略に有効な「行動経済学」を解説します。
三隅 隆司(みすみ たかし) 一橋大学大学院 商学研究科 助教授

(120分)
標準的経済学 vs. 行動経済学
簡便法/プロスペクト理論/心理的勘定
行動ファイナンス
認知的不協和の理論
林 康史(はやし やすし) 立正大学経済学部教授 

(40分)
実践的立場から…価格形成と市場アノマリー 
行動経済学と証券投資
 容易に理解されるように、金融現象は、人間の心理的要因を受けやすい。したがって、人間心理を考慮した行動経済学は、金融現象の解明に有効であると考えられる。事実、行動経済学的な観点から金融の問題を考えようとする傾向は一つの流れを形成しており、「行動ファイナンス(Behavioral Finance)」とよばれている。以下では、行動ファイナンスについて簡単に紹介しよう。
 ファイナンス研究者の多くが長年にわたって真理であると教え込まれ、またそう信じている法則は「効率的市場仮説」である。これは、合理的な市場参加者によって構成される市場においては、少しでも利益の存在が期待されるときには誰かが必ずそのような利益を獲得しようとして取引を行うはずであり(そのような行動をとらない経済主体は市場の働きによって市場からの退出を余儀なくされてしまう)、どのような情報も瞬時に価格に織り込まれるはずである、というものである。この仮説に立脚し、ファイナンス研究者の多くは、金融資産への投資によって超過利潤を獲得することは不可能であると考えている(「資本市場には裁定機会は存在しえない」という形で表現されることもある)。この考えはファイナンス理論の基本ともいうべきものであり、資産価格形成理論の多くはこの考えに基づいている。
この「効率的市場仮説」に対しては、行動ファイナンスの立場から反論が提示されている。以下では、重要な研究結果をいくつか紹介しよう。

(1) 逆張り戦略の有効性
 過去の株式収益率を利用してマーケットに勝つ超過収益を獲得しようとする投資戦略として長年にわたって採用されてきたものは逆張り戦略(コントラリアン戦略)である。これは、他の多くの市場参加者とは反対の投資行動をとることを意味しており、具体的には価格が低下している(多くの市場参加者が売却している)証券を購入し、価格が上昇している(多くの市場参加者が購入している)証券を売却するという行為をさしている。逆張り戦略によって超過収益が獲得可能であることをアカデミックスの領域で説得的な形で初めて考察した画期的研究は、デボン(DeBondt, W.) とセイラー(Thaler, R.)が1985年にファイナンスの学会誌『ジャーナル・オブ・ファイナンス(Journal of Finance)』に発表した論文「株式市場は過剰反応しているのか?(Does the Stock Market Overreact?)」である。・・・・


特定商取引法 第8条の表示義務に基づく事項・プライバシーポリシー・個人情報の取り扱いについて 
<サイト運営> 株式会社マックスバリュー TEL 047-300-5561  FAX 047-300-5563  maxinfo@max-value.co.jp (お問い合わせ)