お問い合わせ
HOME 
 
ガイダンス ポイント マイページ

レポート 一覧へ

DVD/BOOK 一覧へ

サンプル 一覧へ
究極の短期トレーディング
---実践投資家向け短期売買マニュアル---
サンプル映像
DVD テキスト 時間 講師 価格
(税込み)
第3巻 中期反転パターンの極意 テキスト(39頁) 120分 中原 駿 11,000円

短期トレードに欠かせない「中期反転パターンの極意」
トレンド反転パターンは、ブレイクアウト失敗に留まらない中期反転の可能性がある強力なパターン。利益が大きくなる一方、建玉期間が長くなり、リスクも大きくなる。また、感覚的部分が必要であるため、長年の実践トレード経験が必要となる。「実践で使えるパターン」を選定し、直近の具体例を挙げてわかりやすく解説している。
1.「ブレイクアウト失敗」パターン

ブレイクアウト失敗パターン@
「タートルスープ」
 リチャードデニス率いる「タートルズ」戦略(20/40日ブレイクアウト)の逆手をとったもの。
 ローレンス・コナーズが開発。いくつかのバージョンがある。
 a. オリジナル・タートル・スープ
 b. タートル・スープ・プラス1

ブレイクアウト失敗パターンA
「スペシャリストの罠」
 リチャード・ウィッコフが作った古典的な反転パターン。タートルスープの先駆をなすもの。やや感覚的部分が残るが、実践家にはよりフィットする部分もあり、捨てがたい戦略。

2. 「トレンド反転パターン」

「トレンド反転パターン」とは
 @ ブレイクアウト失敗に留まらない中期反転の可能性がある強力なパターン。
 A 利益が大きくなる一方、建玉期間が長くなり、リスクも大きくなる。
 B 感覚的部分が残り、経験が必要。

トレンド反転パターン@
「ウォルフ波動」
 ウォルフ波動とは中期的な2連続新値更新パターンの逆バリというのが本質。リスクは大きい。

トレンド反転パターンA
「ロルッソーの5ポイントリバーサル」
 「ブロードニングフォーメーション」をある程度厳格にしたものと考えればよい。ポイント5がいずれも拡大していく必要がある。


a.オリジナル・タートル・スープ

売りの場合(買いはこの逆)

<建玉の条件@>
過去20日間の最高値が最低でも4営業日以前に発生していること−重要−。

<建玉の条件A>
マーケットが最高値を更新した後、前回の最高値の5-10ティック上に逆指値で売り注文をおく。注文は当日限り。
*いったん5−10ティック以上抜けた後、下がってくるところを売る。

<損切り>
当日の高値の1ティック上。

<利食い>
 利益が乗ったら、直ちにストップを引き上げていく。したがって、ある程度リアルタイムにマーケットに参加できているのが条件。

<再建玉のルール>
 トレードの初日と翌日に限り、ロスカットレベルで、再建玉を行なう。利益の可能性を高める。

<トレード上の留意点>

@ 前回の最高値をつけた日と価格をマークしてラインを引いておく。
A ロスカットポイントである当日高値もマークしておくと良い。
B ある程度マーケットに精通しリアルタイムに参加できることが要件。更に反転パターンの確認も取れないので、プロのテクニックといえる。
C 建玉の平均持続期間は(当日を含めて)3日程度。


具体例@―日経平均―

1. 過去20日間の最高値は10日前に発生(a)。
2. 最高値を更新(b)。
3. ウップスも同時成立した点に注意。
4. 翌々日には利食いを入れる。


考察「ニューテクニカル投資手法」


 インターネットの普及・手数料の自由化によって、短期売買投資家が急拡大している。これまで一般的に負け組とされてきた一般投資家がプロ化してきたことによって、これまでの儲かる投資パターンが書き換えられようとしている。移動平均、RSI、一目均衡表、三角保合い、ヘッド・アンド・ショルダー、酒田五法など、誰もが知り尽くした伝統的投資手法によって、投資家が同じ方向に動くことが多くなり、新規で逆のポジションを建てる投資家の比率も少なくなった
 
 その結果、伝統的手法によって利益を上げようと待ち構えるポジションに対し、損失を被るはずのポジション(伝統的投資手法に逆らったポジション)の比率がアンバランスとなり、相場が伝統的パターンとは逆の方向に動くことが多くなっている。そして、ある程度振り落とされた後に本来のトレンドが発生したりする。伝統的投資手法は、投資の精鋭集団(プロの中のプロ)にしかけられた罠として利用されようとしている。オールドエコノミーからニューエコノミーへと産業構造が転換している今、相場の世界でも「ニューテクニカル投資手法」が必要不可欠になってきた。

 ニューテクニカル投資手法では、まずファンダメンタルズと伝統的投資手法を熟知することから始まる。どのタイミングで大量の投機玉が誘発されるか、どの水準でロスカットされるか、を知ることで先回りしたポジションを建てることができる。プロが存在する市場では歴史的に繰り返されてきたことであるが、商品・株式・債券・為替を実践投資家の立場から簡潔にその手法をマニュアル化したものはない。

 マックスバリューでは、中原 駿氏が実践で習得した売買手法を項目別に分類し、究極シリーズとして一般投資家にもわかりやすく解説している。現役ディーラーとして高パフォーマンスを誇る中原氏の投資マニュアルは、一般投資家が中原氏の水準に達するまでの「膨大なコストと時間」を削減することだろう。ファンダメンタルズ・テクニカルを熟知した上での「中原流ニューテクニカル投資手法」は、情報が氾濫し、ボラティリティーが高まっている現在の相場には最適な投資手法と言える。


現在までマニュアル化されている戦略は次の5つ。
@ トレンドの判定 Aブレイクアウト戦略 Bアンチトレンド戦略 Cトレンド戦略 D中期反転パターン


<ニューテクニカルの哲学>
「伝統的チャートパターンを忘れよ」
1960〜1970年代の代表的なチャートパターンは意味を成さない。中勢のパターンで小勢のポジションをとることになり、時間がずれてしまうためである。長いタイムフレームの中で短い期間をやっても短期トレーダーは勝てない。

「予測をなすべからず」
精度の高い予測でもプラスマイナス3営業日は誤差が生じるため、反転ポイントであっても、行くところまで行くから短期トレーダーは負けてしまう。短期トレーダーは、相場反転前の極端なプライスの上下にはついてゆけないし、ついてゆく必要性もない。

 
<振込口座>  
みずほ銀行 小舟町(こぶなちょう)支店
(普通)1149439 株式会社 マックスバリュー

即日入金確認
郵便振替  
00100-7-743487 マックスバリュー
3営業日後入金確認

特定商取引法 第8条の表示義務に基づく事項・プライバシーポリシー・個人情報の取り扱いについて 
<サイト運営> 株式会社マックスバリュー TEL 047-300-5561  FAX 047-300-5563  maxinfo@max-value.co.jp (お問い合わせ)