お問い合わせ
HOME 
 
ガイダンス ポイント マイページ

レポート 一覧へ

DVD/BOOK 一覧へ

サンプル 一覧へ
林 則行「株の絶対法則 」
伝説のファンドマネージャーが実践する 
株の絶対法則

林 則行 著
価格(税込):¥ 1,728
発行年月: 2012年9月 取り扱い可能
判型/造本:A5並製
頁数:222
ISBN:978-4-478-02273-3

ジム・ロジャーズとラリー・ウィリアムズに学び、アブダビ投資庁でオイルマネーを運用してきた「伝説のファンドマネージャー」が実践している投資の技術。チャートでの銘柄選択、ビッグ・チェンジの捉え方、テクニカル分析による人気度の測り方など、ビジュアル的に考えることで、効率的な投資ができるようになる。

まえがき

投資の核心はビッグ・チェンジ
本書の3つの特徴
本物の力をつけたい人にぴったりの本
チェックリストは実力向上のカギ

第1章 大化け株は一目で見抜ける

1 「これだ!」と思える銘柄に投資する
 一目でピンとくることが最も大事
 ネット時代の勝者は誰?
 投資の大原則1 利益20%増
 投資の大原則2 新高値を更新する株が本物
 投資のタイミングは、新高値を抜いたまさにそのとき
 迷ったらまずチャートに相談する
 携帯ゲームのグリーは二大原則をクリアしている
 攻略しやすい項目から銘柄分析を行う

2 有望株はチャートだけでわかる
I 保ち合いの正体を知る
 その1 特徴は誰にでもわかる見分けやすさ
 その2 保ち合い放れ以外で買うのは危険
 その3 保ち合いが生じる理由は投資家の心理
 その4 株価が業績の良さを追いかけて上がっていく

II 儲かるパターンをつかむ
 その1 理想は鉛筆のように細長い形
 その2 さらに"おいしい"買いのポイント
 その3 若い相場を買う

III 業績チェックを忘れない
 売上10%以上、経常利益20%以上の伸び



第2章 買いの核心はビッグ・チェンジ

1 時流に乗る会社が大化けする
 落ちこぼれ株こそが買いの候補
 ビッグ・チェンジは一言で表わせる
 時流株はブーム株とは違う
 時代の流れとはどのようなものか
 エコ銘柄の例
 優先順位を頭に刻む
 コスト削減銘柄の例
 新興国関連銘柄
 株式投資はリスクの低い財産形成法

2 オンリーワン企業は投資リスクが低い
 金メダル企業を避ける
 ナンバーワンよりオンリーワン
 オンリーワンの陰には時流の変化がある
 1 ニッチな分野に特化した企業
 2 他を寄せつけない陣容を誇るサービス業
 3 他社には真似のできない店舗展開力を持つ小売業
 不況でも伸びるのがオンリーワンのいいところ

3 最もわかりやすい投資先は政策の恩恵を受ける株
 政策とは時流の明文化
 収益に直結するかがポイント

4 赤字脱却会社は目立つ
 赤字脱却会社は「おいしい」銘柄
 新高値がチャートの低位置で出現する
 本質力の変化を見分けるのがカギ
 赤字会社の伸び率を計算する
 計算はおおまかでいい



第3章 手を出してはいけない株

1 一匹オオカミを狙わない
 騙されやすい株はこれだ
 相場の原則は「さあ青だ、いやもう一度右左」
 同じセクター内の株は似た動きをする
 仲間同士は新高値も同時期に更新する
 本当は怖い一匹オオカミ銘柄
 仲間はセクターよりも広い概念

2 出遅れ株に遅咲きなし
 出遅れには理由がある
 業界トップでも出遅れることがある
 出遅れ株の新高値更新はまやかし

3 リストラ株に騙されるな!
 大原則「リストラは長続きしない」
 JALの失敗はチャートを見れば一目瞭然
 本格回復を遂げた実例:日産

4 合併では上がらない
 合併は負け犬同士の結婚
 合併は株価の下げを鈍くするだけ
 新高値更新をしても買ってはいけない
 合併のニュースで上がるのは最初だけ
 合併後上がるのは別の理由がある
 買収される側の会社は買い
 買収する側の会社は売り



第4章 テクニカル分析はこれだけに絞れ

1 テクニカル分析はインチキが多い
 統計のマジックに騙されるな!
 トレンドラインは投資家の敵
 テクニカル分析を活用すると、気持ちに余裕が出る

2 出来高は株価上昇のバロメーター
 出来高と株価は連動する
 ファンダメンタル情報では見分けがつかない
 新高値更新当日の出来高に注目する
 出来高は足切り情報として使う

3 ボラティリティは最良のテクニカルツール
 過熱感のある株を避ける
 ボラティリティは株価のもうひとつの側面
 ボラティリティはチャートを見ただけでわかる
 ボラティリティを本格的に定義する
 ローソク足ボラティリティの計算方法は簡単
 リスクの低いボラティリティとはどのレベルか
 出来高よりもボラティリティが大事

4 その株はどこまで上がるか
 天井の株価予測が簡単にできる
 二段波動はシンプルな概念
 波動はタマネギ構造をしている
 「買い」は20%以上の上昇が見込めるとき
 上昇が見込めないチャートは形が汚い



第5章 ちょっとした売りのコツで、パフォーマンスが向上する

1 売りの本質をつかむ
 売りは買いに比べて簡単
 ポイント1 「できるだけ高く売ろう」とこだわり過ぎない
 ポイント2 ツールごとの特性を知っておく
 ポイント3 ダマシが出るのは助走相場
 助走相場だけが長期間続くこともある
 ポイント4 空売りは避ける

2 ピークからの下げ幅に注目する売り転換線
 売り転換線の本質はカギ足にあり
 転換幅にボラティリティを使う
 計算方法は簡単
 売り転換線のキモをつかむ

3 下げ幅を考慮しない売りシグナルRCI
 RCIの発想はユニーク
 思わぬところにRCIの強みがある
 RCIはこの式に代入するだけ
 実例を見ればわかりやすい



第6章 大局観をつかめば、混迷相場も怖くない

1 混迷期では、暴落より横ばい圏に用心
 上昇期と混迷期が交互に来る
 上昇期の特徴「猫も杓子も上がりやすい」
 暴落の特徴1 「混迷期の幕開けは景気より早い」
 暴落の特徴2 「何もかもが下がる」
 暴落の特徴3 「投資家には怖くない時期」
 横ばい圏の特徴1 「暴落時期より警戒が必要」
 横ばい圏の特徴2 「なかなか明けない」

2 市場の大勢・中勢を読む
 下降局面で買うのが最大のリスク
 市場の陽転を測る
 ①大勢を読む——世界の株価指数チャートを見る
 ②中勢を読む 新高値銘柄数を見る

3 逆風の中での個別株投資
 いい材料がないことが悪材料になる
 メリットは割安に株が買えること
 最高益が買いの条件



第7章 「資産を守る」が最大の攻め

1 買いのタイミング:新高値更新当日は買うな
 定石は「翌日寄付で買い」
 実践テクニック「0.5〜1.0%下に指値注文」
 なぜ安く買うことにこだわるのか

2 分散投資は儲けを増やす
 「株式投資で年利15%」は嘘
 なぜ分散投資をするのか
 下げ相場でのメリットは極めて大きい
 上昇相場でのメリットも少なくない
 忘れてはならないもうひとつのルール

付録 チェックリスト

 ステップ1 チャートから有望銘柄の候補を見つける
 ステップ2 「これだ!」と思えるビッグ・チェンジ銘柄をものにする
 ステップ3 テクニカル分析で人気を測る
 ステップ4 市場の大局観
 ステップ5 総合判断

あとがき

 
<振込口座>  
みずほ銀行 小舟町(こぶなちょう)支店
(普通)1149439 株式会社 マックスバリュー

即日入金確認
郵便振替  
00100-7-743487 マックスバリュー
3営業日後入金確認

特定商取引法 第8条の表示義務に基づく事項・プライバシーポリシー・個人情報の取り扱いについて 
<サイト運営> 株式会社マックスバリュー TEL 047-300-5561  FAX 047-300-5563  maxinfo@max-value.co.jp (お問い合わせ)